それ、みやげにして宮! 名物コンペ 審査結果発表

あなたの『食』の企画を 富士宮市観光協会が応援します!
『奨励大賞』、『奨励賞』を発表します。

富士宮全域

2017年6月10日(土)

奨励大賞 (10万円補助) 3組

申請者
Cafe&deli mogu
商品名
キーマカレー
商品内容
富士宮の豊富な食材をふんだんに使用したキーマカレーを真空パックにして、販売したいと思います。白糸地区の在来野菜である「白糸とうがらし」を守っている大沢農園の「白糸辣醤」がこのキーマカレーとの相性が抜群で、辛さ調整に「白糸辣醤(ラージャン)」を小袋包装し、セット販売したいと考えています。
申請者
藤太郎
商品名
富士のこけもも
商品内容
「富士のこけもも」は25㎝のさお物として1本売りのみの販売ですが、お客様から「1本では食べきれないから、切れているものが欲しい」という声を多く聞くようになり、この企画を思いつきました。「富士のこけもも」を1.5㎝くらいにカットして小包装にし、1箱5切入り。洗練された品のあるモダン和風のパッケージに入れて販売したいと思います。
申請者
上野製菓(株)
商品名
朝霧みるく羊羹
商品内容
朝霧高原に新工場を建設後、商品の多角化をすすめていた矢先に「朝霧高原=牛乳」のイメージから「みるく羊羹」を考案しました。濃厚なミルクの風味が味の決め手です。「みるく羊羹」はミルク味をベースに地元産品を使用した味のレパートリーを増やしていくことも検討しています。富士山・朝霧高原・牛乳などをイメージし視覚に訴えるパッケージに一口羊羹を入れ、小売りはもちろん、箱に3個入り、5個入りのセット販売もしていきたいと思います。

奨励賞 (3万円補助) 5組

申請者
もちのき
商品名
稲子川梅ものがたり
申請者
さの萬
商品名
さの萬 焼き豚まん
申請者
富士宮高校会議所
商品名
富士の4蔵の酒まんじゅう
申請者
かくたに
商品名
手作り芋けんぴ ギフト用
申請者
大沢農園
商品名
白糸とうがらし

応援賞 4組

申請者
塩川賢三
商品名
そばピザ・LYB豚ステーキ重
申請者
山宮さくら料理教室
商品名
”ますぴー”にじます入り・ピーナッツクリームパン
申請者
後藤由佳
商品名
宮の華 富士ざくら
申請者
(株)ブランディングオフィスBe
商品名
Jerusalem Artichoke Powder FromMt.Fuji(富士宮産 菊芋パウダー)

総評

『それ、みやげにして宮!』名物コンペには、初めての企画にも関わらず、19件ものご応募をいただき、心より御礼申し上げます。

このコンペは、富士宮のおみやげを順位付けするものではなく、新商品の開発、既存商品の改良やパッケージのリニューアルなど、皆様の「おみやげを応援したい」「富士宮の名物を広く情報発信したい」という思いから企画しました。

応募作品の審査に当たっては、バッケージのセンスや個々の商品の魅力、将来性、富士宮らしさなどの観点から審査しました。
それぞれの企画案からは、お土産に対する強い思いや、食への熱意が感じられ、発想力に富んだ多くの企画がありました。
審査の過程でも多くの意見が出され、審査が難航するところもありましたが、このコンペの趣旨に沿っているかどうかを踏まえ、慎重な議論を重ねた結果、奨励大賞3件、奨励賞5件を決定いたしました。

受賞された商品につきましては、委員会として今後1年間宣伝活動等の応援を積極的に行ってまいります。
賞に選ばれなかった企画の中にも優れた企画が多数ありましたので、今後に期待したいと思います。
今後もコンペを継続し、新たな商品の発掘、観光の発展に繋げていきたいと思っています。

来年度以降も同様の企画を予定していますので、多くの方の味覚や視覚に訴えるおみやげの提案をお待ちしております。
ありがとうございました。

富士宮名物推進委員会

主催:富士宮名物推進委員会

事務局:富士宮市観光協会
〒418-0065 静岡県富士宮市中央町16−1
TEL:0544-27-5240 FAX:0544-26-0066